プレミアムフライデー

GALACTUSは、「プレミアムフライデー」を導入します。

プレミアムフライデーは、月末の金曜日の仕事を15時頃に切り上げ、買物や旅行といった消費、文化的活動やスポーツなどを盛り上げようという取り組みです。
経済産業省の主導により、全国に企業・団体に呼びかけ、本日の2017年2月24日よりスタートします。

プレミアムフライデー

新たな制度の導入においては、メリットとデメリットの両面をしっかりみて是非を判断する必要があります。
プレミアムフライデー導入の検討においては、仕事への影響が最大の懸念点となります。「定時で帰ることすら難しいのに仕事が終わりません」や「お客様への対応があるのに帰っちゃうと仕事が回りません」といった問題です。

個人事務所GALACTUSとして働く私の個人的な捉え方としては、逆にこういった課題をクリアできるならば、プレミアムフライデーは大きな意義が有ると考えました。プレミアムフライデーの導入と業務改善は表裏一体ということです。普段の働き方を工夫しなければ、上記のように仕事が機能しません。15時に切り上げる=絶対的な時間が減るということは、業務量を減らすか、同じ業務量なら効率を上げる必要があるということになります。

業務の効率化はそもそも仕事をしていく上での永遠の課題であり、これをきっかけに普段の働き方を改善する意識を高めたいという狙いもあります。
個人で働いているため、勤務時間の規定もほとんどなく土曜日も営業しているので、プレミアムフライデーくらい導入できないならば、むしろ自分に問題があるということでしょう。

クライアントのみなさまとの調整をしっかり行い、適切なスケジューリングを行うことで、周りに迷惑をかけず、そして自分自身の働き方をより良いものにするためにプレミアムフライデーを含めた充実した働き方を実現していきます。

プレミアムフライデー事務局のサイトには、

仕事を早めに切り上げて、
普段できないことに挑戦したり、
なかなか会えない友達や家族と話したり。
明るい街を散歩してみたり、
仲間とスポーツをして楽しむのも気持ちいい。
夕方からゆっくり食事を楽しむのも、
ちょっと遠くの街へ2.5日旅へ出かけるのも素敵。

というなんともワクワクする楽しみ方が掲載されていました。
単に仕事量を減らすという意味合いでなく、プレミアムフライデーの恩恵を最大限享受できるよう、日々の業務を精進していきます。